サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

新名神(川西IC~神戸JCT間)/3月18日開通

2018/01/29 更新

NEXCO西日本が建設を進めている新名神高速道路 川西IC~神戸JCTまでの間(延長16.9km)が、3月18日に開通すると発表した。
 
これにより高槻JCT・IC~神戸JCTが全線開通する。あわせて宝塚市と建設を進めてきた「宝塚北スマートIC」も完成する。
 
関西以西の各地で生産されているさまざまな野菜、果物、鮮魚等が東京市場に輸送されているが、定時性の向上が図れることになる。また、新名神高速道路の整備により、物流の効率化が図られることで、関西以西の各地の地場産業の発展が期待される。
 
「現在の中国道における渋滞は多大な運送ロスとドライバーへの負担となっており、新名神が開通することで負担軽減が期待される」と、福岡市中央卸売市場関係者は話している。
 
■開通区間の概要
路線名: E1A 新名神高速道路
区間:川西IC(川西市西畦野)~神戸JCT(神戸市北区八多町)
開通時期:3月18日開通(川西IC~神戸JCT)
延長:16.9km(川西IC~神戸JCT)
車線数:4車線(6車線) ( )内は完成時車線数
開通IC:宝塚北SIC