サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

GLP/大阪府寝屋川市で物流施設着工、アーバンリサーチ全国向け拠点

2017/07/10 更新

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(以下:GLP)は7月6日、大阪府寝屋川市で先進的物流施設「GLP寝屋川」を着工した。
 
ファッションアパレル、雑貨、EC物流などを中核とする3PL企業の丸二倉庫が、全棟利用を決めており、業務委託主は、アパレルのアーバンリサーチ。
 
丸二倉庫は、配送拠点としての立地の良さ、BCPと環境配慮の観点からGLP寝屋川への入居を決定し、アパレルメーカーのアーバンリサーチの全国配送向け物流拠点として活用する。
 
GLP寝屋川は地上4階建て鉄骨造、延床面積約2.7万m2の先進的物流施設で、2018年4月の竣工を予定している。
 
大阪の都心部まで約14kmの内陸部に位置し、新国道1号線、外環状線といった幹線道路へのアクセスに優れ、第二京阪道路寝屋川南ICより約1.8km、寝屋川北ICより約2.8kmのため、近畿自動車道、名神高速道路および中国自動車道の利用により、関西圏全体及び全国への配送に適している。
 
庫内で働く従業員の労働環境向上の観点から空調設備の設置に加え、大型シーリングファン「ビッグアスファン」を併設し、空調効果の更なる向上と設備投資に対する費用対効果の最大化の実現を目指す。
 
環境配慮の点から屋根材に高反射色を採用し、最上階の室温の低温化を図るとともにハイサイドライトを設置し、外からの光を採り入れることでオペレーションに必要な照度を確保するなどの取り組みを行う。
 
BCP対策としては、非常用発電機を装備し、非常時に井戸水を利用してトイレ洗浄や事務所の一部に電気供給するのに加えて、GLPとして初めて倉庫エリアの一部に電気供給をするなど一層の強化を図る。
 
GLPの代表取締役社長の帖佐義之は、「関西内陸部の物流不動産マーケットでは、先進的物流施設に対する企業の根強い潜在的需要がある。早々にGLP寝屋川入居を決定した丸二倉庫とアーバンリサーチの物流オペレーションの最適化と効率化の一助となる施設づくりに注力する」と述べている。
 
なお、「GLP寝屋川」はCASBEE大阪府の認証を取得する予定。
 
■ 施設概要
施設名:GLP寝屋川
所在地:大阪府寝屋川市小路南町
敷地面積:約13,000m2
延床面積:約27,000m2
構 造:鉄骨造
着工:2017年7月
竣工:2018年4月(予定)