サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

アスクル/物流センター火災で、特別損失101億円

2017/04/10 更新

アスクルは4月5日、埼玉県入間郡三芳町のASKUL Logi PARK 首都圏の火災について、2017年5月期第3四半期に損害額を特別損失として計上したと発表した。
 
火災による損害額は現時点において確定出来ていないが、現時点の見込みに基づく損害額を特別損失として101億4500万円計上した。
 
資産の原状回復費等の引当金繰入額で68億1900万円、固定資産やたな卸資産の滅失損で32億8600万円、その他関連費用で3900万円としている。
 
なお、物流・配送部門の組織変更・人員増強した。
 
6部門約80名体制を、3月21日より8部門約100名体制と約20名の増員を図った。
 
新しく誕生した部門は、従来のロジスティクスサービス部門を新センター開発と物流企画部門に分離独立し、最強・最適なロジスティクス設計専任部隊とする。
 
安全管理部門を新設し、物流管理部門と、ロジスティクス施設管理専任部隊とする。
 
全社的に物流・配送部門に人的資源を集約し、早期復旧に注力する。