サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

エバルス/岡山県・早島町に高機能物流センター竣工

2017/02/20 更新

メディパルホールディングスは、子会社のエバルスが、医療用医薬品や医療材料等を供給する新物流拠点・岡山ALCを2月16日に竣工したと発表した。稼働時期は3月。
 
全国8か所で展開するALCを中国地方において初の設置で、岡山県、鳥取県、島根県(一部)、広島県(一部)への医療用医薬品や医療材料等を扱う高機能物流センターで、出荷金額(稼働当初)は年間 約990億円(予定)を見込んでいる。
 
施設は98億円を投じ、地上3階建て、敷地面積2.2万m2、延床面積2.3万m2の規模。
 
薬品・医療材料・医療機器・臨床検査試薬など、医療に関わる全てを取り扱う都市型フルラインセンターで、得意先に近い立地に、2万3000SKU以上の商品を取り揃え、得意先に直接届けることにより、受注から納品までのリードタイム短縮を実現した。
 
独自に開発した需要予測システムにより在庫を適正管理。過剰在庫と品切れが生じないように1品目ごと適正にコントロールし、定時・適量の完全納品を提供する。
 
独自のマテハン技術と情報システムにより、正確な在庫管理と効率的な倉庫内作業、配送作業を行い、生産性と信頼性を高めるとともに、免震構造を施すとともに、自家発電設備、災害時の緊急配送用バイクを配備し、システム・通信の二重化などにより地震などの自然災害時にも、安定して供給できる体制を整えている。
 
ID認証システムにより庫内のセキュリティも確保している。
 
■岡山ALCの概要
所在地:岡山県都窪郡早島町矢尾793
敷地面積:22,210m2
建築面積:9,547m2
延床面積:23,420m2