サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

ドーモ/西濃運輸がクラウド型Modern BI導入でロジ部門強化

2021/11/22 更新

ドーモは11月18日、西濃運輸によるクラウド型Modern BI「Domo」の導入事例を公開した。

2021118domo 520x219 - ドーモ/西濃運輸がクラウド型Modern BI導入でロジ部門強化

西濃運輸は近年、輸送事業を中核としたロジスティクスサービスの提供に注力しており、ロジスティクス部門では流通加工や在庫管理を含む倉庫内業務と輸配送業務の両面でサービス向上を図っている。そのため、顧客の課題を解決する的確なソリューションの提供に向けて、迅速な原因把握と多角的なデータ分析に基づく提案型の営業力を養う必要性が高まっていた。

西濃運輸では2020年秋のDomo導入以降、迅速に課題の原因を把握できるようになり、業務効率の向上のみならずDomoで多角的にデータを分析し、速やかな意思決定に繋げることが可能になった。また、営業担当者は顧客ごとの実績データを簡単に取得できるようになり、カスタマーリレーションの強化を実現しているほか、国内150か所の拠点ネットワークや輸送・入出庫データなど実績データを活用して、顧客に最適な物流拠点や倉庫のスペースを提案し、付加価値の高いサービスを提供している。

西濃運輸は「ロジ・トランス」と呼ばれる物流機能と輸送機能を組み合わせたターミナル一体型施設を2021年9月に相模原にオープンし、続いて、2022年1月に龍ヶ崎、2月に名古屋西にもオープンする予定。拡大し続ける拠点データもDomoで一元管理し、デジタルトランスフォーメーション実現に向けて取り組んでいる。