サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

ヤマト運輸/EC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」開始

2021/08/30 更新

ヤマト運輸は8月26日、EC 商品の返品時での顧客の利便性向上に向け、Doddle Parcel Services Ltd (Doddle)が提供する返品システムとヤマト運輸の配送ネットワークを連携させた、EC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」を開始した。

<サービスの流れ>
20210826yamato 520x313 - ヤマト運輸/EC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」開始

また、同日より、ファーストユーザーとして、ギャップジャパンが運営する「Gap」「Banana Republic」の公式オンラインストアで同サービスの利用を開始した。

このサービスでは返品手続きや業務をデジタル化する事で、従来発生していた顧客による電話での返品依頼や伝票作成の手間などの返品手続きを簡便化するとともに、最寄りの宅急便センターや PUDOステーション、一部のコンビニエンスストアなどから伝票レスでの返送が可能になる。

EC事業者においては、返品処理時に発生する業務が効率化され、また、返品受付サイトの構築を含めたパッケージでのサービス提供となるので、初期コストを抑えて短期間でサービスを開始することができる。

このサービスにより、返品する顧客にとってのメリットは、「WEB 上で返品手続きが可能になる」「店舗で二次元コードを提示するだけで、伝票を手書きで記入する必要がなくなる」「自身の都合の良い時間に、最寄りの店舗などから商品を返品できる」。

EC事業者にとってのメリットは「顧客が手続きをする返品受付サイトを簡単に構築でき、短期間でサービス導入が可能」「顧客側で返品に必要な情報を入力してもらうため、返品受付の入力業務や伝票印字などの負荷軽減が図れる」「返品予定情報がデジタルデータ化されることで、返品荷物の到着前に業務量の把握ができる」「顧客の生活スタイルに合わせた返品対応が可能となり、顧客満足度向上につながる」。

今後もヤマト運輸と Doddle で連携し、返品領域での物流のデジタル化を加速させ、EC事業者、利用者、物流事業者にとってより付加価値の高い「EC エコシステム」構築に向けた取り組みを進めていくとしている。