サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

EP Japan/中国最大手の物流機器メーカーが日本進出

2020/10/12 更新

EP Japanは11月5日、中国最大手の物流機器メーカーEP Equipment社の自社ブランド製品の展示・販売を行うショールームをコイケと共同で、コイケ東京事業所新館3階にオープンする。

<EP Equipment社製の物流機器群>
EP Equipment社製の物流機器群

<電動パレットトラック 年間1500台の販売が目標>
電動パレットトラック 年間1500台の販売が目標

ショールームでは試乗やデモ貸出しができる実機を各種取り揃えている。今回は特に、「小型・軽量」「的確なサービス体制」「低価格」をコンセプトに、簡単なトレーニングで、だれでも操作できる「電動パレットトラック」や「電動ピッカー」など(フォークリフトの補助作業も行える)簡易・電動物流機器をメインに、安全を最優先した高性能な「リン酸鉄系リチウムイオンバテリー」も販売する。

11月5日~11日(土日を除く5日間)予約制で時間割として、来場者の密を避ける人数制限や、マスク、アルコール消毒など新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しながらショールーム開所会を開催予定だ。

EP社は、1993年の創業から設計/開発、製造、販売の一貫体制を持ち、現在世界80か国に各種物流商品を自社ブランドだけでなくOEM提供している中国最大手の電動物流機器メーカー。各国の顧客に満足いただけるよう、世界トップレベルの品質・安全性を確保した商品を、魅力ある価格、納期、的確なサービス体制をもって提供する事をモットーにする会社で、日々顧客と共に考え、よりよい商品を開発している。

コイケは、1946年創業。輸出梱包、物流機器/資材販売、国際物流(AEO事業者)、輸出入代行、海外映像機器メーカーKRAMER社の日本総代理店などを営み、海外ではJV含め現地法人は、マレーシア9社、インドネシア2社、タイ1社、カンボジア1社で国際物流、製造(日系2輪メーカーのティア1小組部品、精密金属加工部品)、自動車部品の設計開発、商社活動を行っている。

■ショールーム所在地
コイケ 東京事業所 新館3F
東京都大田区東海4-2-8 (大井ふ頭)
ショールーム案内
https://bit.ly/33syC5E
問い合わせ
TEL:03-3471-4111