サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

航空貨物運送協会/2月の重量ベース輸出14.38%減

2020/03/23 更新

航空貨物運送協会が3月19日に発表した2月の国際航空貨物取扱実績によると、国際輸出航空貨物件数は21万8895件(前年同月比3.43%減)、重量ベースでは7383万3465kg(14.38%減)となった。

仕向地別では、米州向けTC-1が3万6827件(11.11%減)、1439万3524kg(26.87%減)。欧州・中東・アフリカ向けのTC-2は3万1678件(13.08%減)、1314万6992kg(31.56%減)。アジア・オセアニア向けのTC-3は15万390件(1.07%増)、4629万2949kg(2.22%減)だった。

また、輸入通関実績は件数が15万9244件(9.48%減)、重量が6988万9061kg(5.72%減)となった。

通関場所ごとでは、成田や羽田など東日本が10万7856件(10.84%減)、4527万1027kg(4.53%減)。名古屋など中部が1万6215件(4.68%減)、637万6444kg(18.42%減)。関西空港など関西が2万9760件(8.3%減)、1613万5040kg(4.42%減)。九州が5413件(1.47%減)、210万6550kg(4.37%増)だった。