サードパーティロジスティクス3PL・物流アウトソーシング、株式会社サーガ

お問合わせ06-6265-0622

新着情報

HOME > 物流業界ニュース

物流業界ニュース詳細

ヤマト運輸、西東京バス/路線バスで宅急便輸送

2019/11/05 更新

ヤマト運輸と西東京バスは11月1日、東京都あきる野市~檜原村を結ぶ路線バスの区間で、宅急便を輸送する「客貨混載」輸送の実証運行を開始した。

<宅急便をバスボックスに積み込むヤマトのセールスドライバー>

<客貨混載輸送の概要図>

実証期間は11月30日まで実施。以後、課題を検証し、2020年の本格運行開始を目指す。

この客貨混載輸送は、東京都あきる野市の配送センター~檜原村までの道のりを片道40分かけて1日3回往復しているヤマト運輸のサービスドライバーの負担軽減と、人口減などによって武蔵五日市駅バス停~数馬バス停間を走るローカル線の維持が困難な西東京バス双方の課題解決に向けて実施するもの。

ヤマト運輸ではドライバーの運転時間が削減され、顧客の要望により柔軟な対応が可能となるほか、西東京バスは宅急便の輸送によって新たな収入源が確保され、ローカル線の安定運行が可能になる。

<西東京バス 五日市営業所第一車庫で行われた出発式>

■客貨混載輸送実証運行の概要
期間:11月1~30日(平日のみ)
対象路線バス:西東京バス(武蔵五日市駅~払沢の滝~数馬)
武蔵五日市駅13時33分発→数馬14時32分着の1便
積載区間:西東京バス 西小中野バス停~数馬バス停の25.55km